2022.06.12
梅雨の季節・・・・でも雨の日も嫌いじゃない! その理由は?

授業の一環として鑑賞した映画

鈴村

こんにちは、現場監督の鈴村です。

今年も梅雨の時期がやってきますね、

現場としては、雨で良いことが一つもないところが悩ましいのですが、、、( ;∀;)

 さて、今では雨が降ると、工事によっては延期しなければ~等のマイナス感情で見てしまいますが、昔は雨が降るとなんとなく嬉しい時もありしました。

 中学の時に学校の授業の一環として鑑賞した映画があったのですが、

その中で俳優さんが縁側にすわり雨を見ながら「雨は地球がおしゃべりしてくれていて、

子供が小さいのは雨の音(自然の話声)がよく聞こえるようになのだよ」というセリフを聞いて不思議と雨が好きになりました。

普通に考えると「子供が小さいのは成長する過程で当たり前じゃん」と当時は思ったのですが、このセリフと映画内の映像がマッチしててすごく納得させられてしまいました(笑)

今思うと、映画が好きになったのもこの作品が要因の一つだったと思います(^^♪

今でも雨が降ると、特別な感じがして雨音で心が落ち着く効果を実感します。

あ、工事に影響がない時だけですが(笑)

それではまた。